20〜80才節目成人病健診 横須賀市・歯科医師会指定医療機関 / インプラント・歯周病・無痛治療 | 横須賀 五十嵐歯科医院

インプラント・歯周病・無痛治療 | 横須賀 五十嵐歯科医院
Top > 診療内容 > インプラント

症例

>> 安心してインプラント治療を受けるために(日本歯科医学会:厚生労働省委託事業)

インプラントの構造

インプラント インプラントとは、歯の失われた部分の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法をいいます。
インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。
インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されています。

ブリッジ、義歯との比較

インプラントは、入れ歯やブリッジと比べて本物の歯に感触が一番近く、入れ歯やブリッジとの比較の中では、一番よい治療方法だと思われます。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
  ブリッジ 義歯 インプラント
保険適用 なし あり あり
メリット 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
強度も強くある
周りの歯を傷つけない。残った歯への影響が少ないため自分の歯を多く残せる。
顎の骨がやせるのを防げる効果がある。
長持ちする
噛むのは固定式なのであまり違和感がない。
歯間に詰まりやすい。
セラミックを使えば天然歯のようにきれい。
治療が短い。
比較的治療が簡単で短期間。
保険適用の場合で安い。
・通常の入れ歯の材質・方法なら治療費が安い。
デメリット 手術が必要。
治療費が高い場合がある。
・骨への定着期間を入れると治療期間が長い。
ただし、フラップレス術式は骨の状態が良く、初期固定がしっかりしていれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。
両隣の健康な歯を削らなければならない。
支えになる歯に大きな力の負担がかかる。
抜けた歯の骨が痩せる場合がある。
ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまりやすい。
噛み心地が悪い。
硬いものを食べにくい場合が多い。
入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。
味覚、食感がなくなる。
・ガタつきがあり違和感を感じる。顎の骨が痩せる場合が多い。

インプラントの材質と形態

材質として、金属製(チタンなど)、セラミック製、金属にセラミックスをコーティングしたのもなどがあります。
いずれも体内に埋め込んでも安全性が高いものです。
形態は代表的なものとして、棒状タイプ(スクリュー型、シリンダー型)と板状タイプ(ブレード型)などがあります。

インプラントの術式

インプラントを埋め込む手術法として、手術を1回行う1回法と2回行う2回法があります。

1回法1パート

1回法1パート
歯根部と支台部が一体となっているものを埋め込みます。

1回法2パーツ

1回法2パーツ
歯根部の上端を歯肉上に出した状態で埋め込み、数ヶ月後に支台部を取り付けます。

2回法

2回法
歯根部を一度埋め込み、歯肉で完全におおいます。数ヶ月後に2回目の手術で支台部を取り付けます。